qrcode

★移行先KUDOblogの情報
移行先の「KUDO Blog」(工藤雄司公式パーソナルブログ:The Official Personal Blog of Yuji Kudo)はこちらです! (一部の記事及び画像は削除しました。)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
Twitterでkudoyujiをフォロー
CATEGORIES
LINKS
RECENT COMMENT
お知らせ
[07/04〜]コメント及びトラックバックは承認制とさせて頂いております。内容により予告なく削除する場合があります。予めご了承下さい。
[06/10/20]トラックバックスパムが多いため、トラックバック送信元の記事に、該当記事へのリンクがない場合、 そのトラックバックを拒否する設定に致しました。
SEARCH THIS SITE.
110830_IRSの「Form SS-4」と「EIN番号」と「Form W-8BEN」にまつわる備忘録
 米国でのコンテンツ販売を促進するにあたり、所定の手続きをしないと、米国非居住者として米国の源泉所得税30%を免除してもらえる“租税条約の特典”を受けられず、30%が源泉されてしまう、ということで、その対応のため、この6月頃から英語の手続きをあれこれ行なった。

 ネットで検索する限り、日本語で解説されているページについては、あくまで個人の手続きに関するものが多く、“日本の株式会社”としての手続きについては、正確な情報を集めるのに苦慮した。税理士の先生やそのネットワークから得たアドバイスをもとに、ここへ来て一通りの問題をクリアし、手続きも完了。その一部を備忘録メモ。

 まず、「Form SS-4」を作成し、「IRS」(米国の内国歳入庁。日本の国税庁に相当。)へFAX。FAX送信先はIRSのサイト内にあったこのページに基づき、下段にある「Fax-TIN: (267) 941-****」へ送信してみた。

 2週間ほどかかる、という情報や、郵送方式では数ヶ月かかる、という情報もある中、6/13にFAXし、7/4に突然、IRSから国際郵便で書類が届いた。中にはEIN番号とそれに関する書類、及びEFTPSに関するパンフレットの計2部が同封されていた。

 このEIN番号に基づき、「Form W-8BEN」を作成。オンラインで提出。後日、この承認を受けて、ひとまずの手続きは完了した。

 なお、EIN番号を取得しただけでIRSとのやりとりは終了する訳ではなく、今後は毎年1回、「Form 1120F」(日本の法人税の申告書に該当するそう)及び「Form 8833」(租税条約の免税を受けるための情報開示だそう)を提出する必要があるとのこと。いい勉強になった…。
0

    YKP | 備忘録 | 23:59 | comments(0) | - |



    110524_備忘録
    「「良い仕事」とは「自分がやりたい」と心の底から思えるようなこと」「人生において、仕事に費やす時間はものすごく長い。だったら、「これがやりたくてしょうがない」と情熱を持って仕事に取り組む方が、死ぬ時に後悔しない」「興味と熱意を持って仕事に取り組んでいる人には適わない」by三井物産槍田松瑩会長via日経ビジネス110502号
    0

      YKP | 備忘録 | 23:59 | comments(0) | - |