qrcode

★移行先KUDOblogの情報
移行先の「KUDO Blog」(工藤雄司公式パーソナルブログ:The Official Personal Blog of Yuji Kudo)はこちらです! (一部の記事及び画像は削除しました。)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
Twitterでkudoyujiをフォロー
CATEGORIES
LINKS
RECENT COMMENT
お知らせ
[07/04〜]コメント及びトラックバックは承認制とさせて頂いております。内容により予告なく削除する場合があります。予めご了承下さい。
[06/10/20]トラックバックスパムが多いため、トラックバック送信元の記事に、該当記事へのリンクがない場合、 そのトラックバックを拒否する設定に致しました。
SEARCH THIS SITE.
<< 050224_曽我梅林ロケ | main | 050228_熱海梅園&湯河原梅林・梅ロケ >>
050227_河津桜ロケ
■早咲きの桜として有名な河津桜のロケに河津へ。東京駅8時23分発の新幹線こだま447号に乗って熱海へ。乗車時間約50分。小田原付近には雪があり僅かに不安が過る。熱海で伊東行の伊東線に乗り換え。熱海周辺も車窓から若干の残雪が見える…。しかし熱海を過ぎると雪も遠くの山の斜面だけになり、次第に見えなくなって行く。一安心。伊東では伊豆急下田行の快速桜リレー号に乗り換え。伊東線と快速桜リレー号は同じホームの反対側。乗換時間2分でも余裕。電車で東伊豆へ行くのは約15年振り。どことなく懐かしい車窓が流れる。伊豆急は単線のよう。駅だけが複線化してある。車内では後ろの車両の方が空いてるとか、河津桜が満開だとかアナウンスが多いのが印象に残る。程良くすべての席が埋まる程度に旅行客がいる。
途中まで太陽も見えていたが、河津に近付くにつれて雲行きが怪しくなりちょっと心配。河津駅下車。10時44分。改札や駅前は凄い人集り。さすがに河津桜の故郷。トイレも行列していたが、事前にネットで情報を得ていた通り、河津町観光協会がある河津町商工会館の地下のトイレは比較的空いていた…。
駅前ロータリーからタクシーで一路、河津七滝ループ橋へ。途中、タクシーの運転手がオススメだという道路沿いの色付きのいい桜の樹を撮影(下佐ヶ野の辺りと言っていた)。そしていよいよループ橋下の駐車場で降車。そこは見上げるとループ橋が頭上にある橋の真下の駐車場。それなりに埋まってはいたが、混雑するほどの駐車状況でもなく、無料なので警備員や駐車を整理する人はいない。桜は満開をちょっと過ぎた位だが、まずまずの状態。但し、空は今一つスッキリしない…。ループ橋の袂の斜面を登りながらしばし撮影。スチルカメラマンも数名見受けられた。この奥には大滝をはじめとする河津七滝があり、駐車場に車を停める人は、皆、そちらへ向かって行くが、私は時間の都合で今回は見送り。是非、違う季節にでも来てみたい。
その後、観光協会七滝案内所方面へ道を歩きながら道沿いの桜を撮影。観光協会七滝案内所でタクシーを呼んでもらい、河津桜の原木へ。
河津桜の原木は、飯田さんという個人宅の庭にある。さすがに人が多く、目の前が道路のため、雑然とした雰囲気ではあった。交通整理をする人員も配置され、町ぐるみで守って行こうという姿勢を感じる。電線も多く、周辺の状況から広いアングルは画になりにくいが、それでも原木ならではの風格を漂わせていた。
原木から河津川に向かうと右側に河津町役場がある。その先の河津川に架かるのが豊泉橋。橋の上からは観光ポスターで見たことがあるような景色が広がる。河津桜と菜の花と河津川の流れが美しい風景を作り出す。この辺は「峰温泉会場」といわれるエリア。土手の脇には足湯処やトイレもあった。但し、やはりここも土手の上の電線が少々気になる…。
橋の上での撮影後は、橋を渡りきり、上流側の河原へ。河原に降りられるのがこの辺の魅力の一つ。川面にも桜や菜の花の色が淡く映えていた。人出はなかなかなもの。次第に周りが薄暗くなり始め、ライトアップに突入。途中、本日の宿泊先を携帯で探す。当日予約で1名だと、NGなところもあり少々手こずる…。このエリアのライトアップは規模はさほどでもないが、人出も少なくじっくりと撮影することができた。暗くなると少し肌寒い。電車の時間もあり、切りのいいところで再び橋を渡り、下流へ。川沿いに土手の上をひたすら下流へ向かう。
約1km余り歩くと、伊豆急の鉄橋や温泉タンク、館橋などが見えてくる。途中は人影もほとんどなく、非常に寂しい感じであったが、館橋から一番河口側にある浜橋までの桜並木は18時〜21時までライトアップされていて、一気に賑やかな雰囲気に。この辺は人出も非常に多い。並木沿いや館橋の上から撮影し、駅方面へ。線路沿いの駅前桜並木を撮って河津桜のロケは終了。
20時過ぎの河津駅は昼間の混雑が嘘のように閑散としていた。20時13分発の伊豆急行線伊東行により伊東駅で熱海行の伊東線に乗り換え。いずれも車内は空いていた。21時35分熱海駅下車。本日の宿はホテル熱海閣。駅から徒歩2分の立地。チェックインを済ませた後、夕食をしに外出。この時間の熱海はすでにほとんどの店が閉まっていて暗く閑散としていた。路地裏にあったカウンターだけのラーメン屋で凌ぎ、ホテルへ戻る。結局、朝食以来の食事。ロケをしていると集中し過ぎて体に悪い…。
ホテルの窓からはライトアップで有名な熱海サンビーチが見えたので望遠で撮影。そして就寝。
●河津町役場> http://www.town.kawazu.shizuoka.jp/
●河津町観光協会> http://www.kawazu-onsen.com/
●河津七滝観光協会> http://www.nanadaru.com/
●河津桜まつり情報局> http://www.kawazuzakura.net/
●伊豆急行> http://www.izukyu.co.jp/
●熱海市> http://www.city.atami.shizuoka.jp/
ホテル熱海閣
0

    YKP | 撮影記 | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) |



    スポンサーサイト
    0

      スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - |





      コメント
      伊豆をお楽しみいただき、ありがとうございます。
      その後の河津七滝、大滝と大滝温泉天城荘をお便りしてます。
      またのご来館を心よりお待ちしております。

      ブログ『萬葉の温泉天国・天城荘』でお福分け中。
      http://plaza.rakuten.co.jp/amagisou88888888/
      オフィシャルサイトはこちらです。
      http://www.amagisou.jp/index.html

        伊豆 大滝温泉天城荘
      | ラピュタの妖精 | 2010/10/11 5:12 PM |
      コメントする










      この記事のトラックバックURL
      http://draft.jugem.jp/trackback/286
      トラックバック